1.我が国におけるユスリカ研究の歴史

私たちがユスリカ(双翅目ユスリカ科昆虫)研究に着手した1970年代中頃には、

ユスリカ学の参考書は、故徳永雅明博士の1937年に出版された日本動物分

類第10巻第7編第1号の日本動物分類揺蚊科(1)しかなく、多くは外国の研究

者の総説や論文を参考にするしかなかった。その後、しばらくして1977年に

現在、静岡大学名誉教授の橋本碩博士が雑誌、遺伝に「日本のキロノムス」、

続けて「日本のアカムシ」を著し、わが国の淡水産ユスリカの普通種成虫8種、

幼虫7種が紹介された。また、同年国立公害研究所(現在国立環境研)の佐々

学博士と九州大学の山本優博士により、日本衛生動物学雑誌に「日本産ユス

リカ科既知種の目録(英文)」が掲載され、徳永先生が1930年代にフィリピンの

雑誌に記載した種を中心におよそ170種について、学名と和名が整理され、

ようやく私たちのユスリカ研究がスタートした。

 1980年代に入り、故森谷清樹博士(当時 神奈川県衛生研究所)が雑誌

「用水と廃水」に諸外国の文献を参考に「ユスリカ類概説」を連載した。内容

は分類・形態学のみならず、採集法や標本作製法にまでおよんだ。その後、

全国の湖沼や河川で大発生した種を中心に、生態学的研究ならびに防除

に関する研究が進められた。他方、医学の分野では喘息のアレルゲンとして、

特にユスリカ成虫の乾燥遺体が注目され、免疫学的研究と疫学的研究がな

された。

 1995年には、東京大学出版会から「日本のユスリカ(英文)」佐々学・菊池三

穂子著が出版され、日本および東アジア産ユスリカおよそ750種について雄成

虫をもとに分類され、交尾器の図とともに検索表としてまとめられた。そして、そ

れらの生態、分布などが記された。



2.ユスリカ研究会の発足

 1990年4月には、富山にて「環日本海セミナー・河川の生態学」が開催され、

その席上で佐々学先生(当時 富山国際大学学長)より、「ユスリカ学会」設立

の提案が成され、セミナー参加者の賛同を得て、現在の「ユスリカ研究会」が

発足した。翌年には、信州大学理学部諏訪臨湖実験所にて第2回研究集会

が開催された。以降、毎年全国各地で研究集会がもたれ、分類学、形態学、

生態学、陸水学、生理学、免疫学、防除学など、多岐にわたって研究発表

が成されている。