§ユスリカってどんなむし?

   「ユスリカ=汚い水にいる赤い虫」と思っていませんか?どうも汚い水のイメージが定着し
てしているようですね。
   あの赤い虫もたしかにユスリカの幼虫です。でも,ユスリカの種類は日本だけでも1000
種類近くもいますが,幼虫が赤いのはそのごく一部だけです。大部分は白っぽくてきれい
な水にすんでいます。
赤いユスリカの幼虫はアカムシといって,釣りの餌として売られていますね。あれは富栄
養化した湖水にいる「アカムシユスリカ」という種類です。

§では,成虫はどこに?
春から秋にかけて,朝や夕方に「蚊柱」がたっているのを見たことがありますか?あれはカ
(蚊)ではなく,たいがい,ユスリカなのです。あのように群をなしているのは雄だけで,近く
にいる雌が飛び込んできて交尾します。つまり「蚊柱」は交尾のための生殖行動です。成
虫は,カのように人を刺したりは絶対しません。成虫の口はほとんど退化していて,ものは
食べないと考えられています。幼虫時代は種類によって1ケ月から2年。成虫の寿命はだ
いたい数日ですから,子孫をのこすために羽化するわけです。
成虫の翅は2枚しかなく,カやハエのなかま(ハエ目=双翅目)です。大きい種類でも1cm
くらいで,小さい種類では1mmほどです。
§なぜ今ユスリカ?
ユスリカはカのようにはっきりした「害虫」でもなく,チョウのようにきれいでもなく,また,トン
ボのような「益虫」でもないので,「ムシ」されてきました。本格的に研究が始まったのは数
十年前からです。
とくに注目されはじめているのは,きれいな水,汚れた水など,いろいろな環境に,それぞ
れ違う種類のユスリカがいることが分かってきたことです。つまり,「環境指標性」です。
なぜある種類が特定の環境に多いのか?音や色に対してどのように反応するか?年によ
って増減するのはなぜか,など多くの研究者が取り組んでいます。またアレルゲンとしても
注目されています。このような研究を進めるためにはどうしても,どんな種類がいるのかを
はっきり知らなければなりませんので,分類学も精力的に進められています。

    幼虫
          
     蛹
 
  雄成虫

   雌成虫